購入ストップ|便利な高所作業車は信頼の業者からレンタル

作業者

使用時のメリット

業者

高所作業車は、購入ではなくレンタルをして扱うことができます。使用する際は、作業員にぶつかることがないよう細心の注意を払う必要があります。高所作業車の持つ特徴や使用時の注意点を知っておきましょう。

高所作業車の必要性

後ろ姿

高所作業車は、工事現場を中心に様々な場所で活用されています。この高所作業車をレンタル形式で使用する業社も少なくありません。高所作業車の必要性や国産と外国製における最新情報を中心に紹介していきます。

使用と価格

工事現場

高所作業車の使用と価格

高所作業車は、地上から高い位置における作業用機械として利用されます。例えば、一度は見かけたことのある電柱の電線補修作業時もこの高所作業車が使われます。 また、高い位置の木の枝を伐採する時等も高所作業車を使うと作業が容易です。通常、高所作業車を1台購入すると200万円から500万円程かかります。車両としては高額なものもありますが、その分高所作業車を使用する必要のある工事は単価が高く設定されている事が多いです。 高所作業車は、誰もが運転できるわけではなく、労働安全衛生上の安全講習を受講した者だけが運転を許される事となっています。 高価な高所作業車は、電気工事を請け負う上では必要不可欠なアイテムと言えると思います。

レンタルして維持費を抑える

購入すると数百万以上の価格の高所作業車はレンタルが一番効率的だと思います。レンタル代はオペレーター付きで1日2万円から3万円程です。維持費を考えると、会社が軌道に乗るまでは、レンタルで十分だと思います。仮に購入するとしてもやはり中古でいいと思います。 作業車を用意できるかどうかによって、請負工事の幅が変わってくるといっても過言ではないくらい、その利用頻度は高いものがあります。オペレーター付きでなければ更に安価にレンタルできるので、従業員はできるだけ、安全講習を受講しておく事が望まれます。 今後も高所作業車の需要は減少する事は考えにくい事から販売価格、レンタル価格が極端に安くなる事は期待できません。

必要不可欠な存在

女性

高所作業車の作業は、業界内でも安全面で優れていると言われています。作業効率をしっかり考えて扱うようにすれば、スムーズに作業を進めることができます。様々な業界、場所で活躍する特殊車両なのです。